展示会における展示ブースの装飾について

展示会において目立つ展示ブースの装飾について示します。

知って納得の展示会の装飾の情報を公開しています。

ブースは、各社でそのサイズが決められています。

朝日新聞デジタル情報収集ができます。

ある制限(電源の数や通路への物品展示の制約など)の範囲内で、デザインや装飾することが競われます。


したがって、注目される展示装飾ができれば、自社の商品を目立たせ宣伝効果を上げられます。展示会場に入る際に、展示場所の総合案内が掲載されています。したがってその位置に直接向かうお客様や、あらかじめ見学するものを決めておいて回るお客様のために、各社のブースがわかりやすく示されていなくてはなりません。
そのため、各社のブースにはそのための装飾がなされています。
中でも商標や社名は必ず目立つ位置に掲げます。普通はブースの上の目立つサイズで入れるのが普通です。

その周囲は整然とした状態を保つようにします。
のぼり旗や大きなパネルでそうした部分がかくれてしまうと探しにくくなります。

商標を目当てに探すお客様が迷われてしまうことのないようにします。
また行き過ぎた装飾が逆に商品が目立たなくしてしまうことがありますので注意が必要です。

むしろ整然とシンプルにその商品イメージが伝わるようにした展示会ブースは立ち寄りやすく、そして宣伝もダイレクトに伝わります。


商品のイメージカラーやよくデザインされ洗練されたブースは斬新な印象を与え、どんな商品なのか興味が湧く心理が働きます。



そのために統一感を持たして印象に残りやすいようにすることが大切になります。