展示会での装飾における重要な注意事項です

ビジネスを展開する一つの手法として、展示会に出品するというやり方があります。
有望顧客がみずから訪問してくれますので、大きなビジネスチャンスとなることが期待できます。


ただ、展示会に出展するとなると、決して安くない費用が発生いたしますので、失敗は許されません。
相応の成果を出すことが求められます。



とりわけ、重要な位置づけにあるのが、パネルの作成などの装飾関係です。


広い会場の中、また、多くの出展会社がある場で、来場者を自社のブースに招き寄せるためには、装飾はゆるがせにできない大切なポイントです。

当たり前の話ですが、極力コストを抑えながら、最大限の効果を発揮する装飾をしなければなりません。

具体的には、ブースのパネルでの文字の大きさに注目することです。

ジョルダンニュース!に関する詳細です。

パネルの中に、あまりに数多くの情報を書き込むことはマイナスでしかありません。
会場の通路からもちゃんと見える大きさのキャッチコピーにすることが肝要です。



来場者の目にとまらなければ話になりません。
ブースのパネルのキャッチコピーを見た来場者が、自身の持っている問題意識に合致すれば、必ず立ち止まるのです。


そのコピーが製品の名称であったのでは、来場者の関心を引くこともなく、立ち止まりもしません。


わざわざ展示会に来ている人というのは、いま抱えている問題を解決するための手法を求めているのであって、製品を欲しがっているわけではないのです。展示会の装飾では、パネル部分には、自社製品がもたらすであろうメリットを強調するのが賢明です。